クレジットカード

2つの潮流がある流通系クレジットカード

クレディセゾン,丸井,イオンクレジットサービス,ポケットカード,OMCカードは、流通系クレジットカードと呼ばれています。

 

そして、その始まりから2つに分類できます。月賦百貨店から出発した会社と、大手スーパーが新たな収益源として金融部門を設立した会社です。

 

 

 

セゾンの源流は、西武百貨店が1976年に月賦百貨店「緑屋」の経営に乗り出し設立した 「西武クレジット」です。

 

丸井の起源は、戦後まもなく開始した 自社の百貨店での月賦販売です。

 

60年に"丸井のクレジット"というコピーを考え出し、クレジットの名を国内で初めて世に送り出したと言われています。

 

 

 

イオンは、「日本クレジットサービス」の社名で81年にカード事業に進出します。

 

ポケットカードは、ニチイが「ニチイクレジットサービス」を82年に創設し カード事業に進出することになりました。

 

OMCカードの始まりは、ダイエーが75年に設立した「朝日クレジット」です。その後84年に月賦百貨店「丸興」と合併してカード事業を本格的に開始し、87年に「ダイエーファイナンス」ができました。

 

 

 

一方の源流が月賦百貨店だけあり、信販会社との結びつきは古いです。

 

そして、クレジットカード事業の進出以前は、信販との提携カード(当時はクーポン形式)で 月賦(割賦)販売をしていたようです。

クレジットカード会社の動向記事一覧

JCBの海外展開も限界に

我が国唯一の国際ブランドであるJCB。設立は 1961年で、海外でのク...

≫続きを読む

JCBは決済総合ソリューション企業へ転身

海外展開の限界という問題に直面したJCBは、これまで蓄積してきた業務ノ...

≫続きを読む

三井住友カードはVISAカード発展の原動力

国内最大級の銀行系クレジットカードである「三井住友カード」。住友銀行の...

≫続きを読む

加盟店開拓に注力の三井住友カード

クレジットカードの世界では、今や どのブランドも相乗り状態になっており...

≫続きを読む

三菱UFJニコスは個品事業からの業態転換

UFJカード,ニコスカード,DCカードの3ブランドが並存している「三菱...

≫続きを読む

巨額出資でニコスを経営改善へ

カード専業になった三菱UFJニコスですが、MUFGカードの会員数を伸ば...

≫続きを読む

流通系カードの強みと弱み

クレジットカード事業に大手小売業が進出した背景には、業務のシステム化の...

≫続きを読む

クレディセゾンが関連会社の巨額損失を処理

流通系クレジットカードの最大手である「クレディセゾン」。連結子会社の不...

≫続きを読む

台頭する交通系やメーカー系のクレジットカード

近年業績を伸ばしているのが、交通系やメーカー系のクレジットカードです。...

≫続きを読む