クレジットカード現金化 もれなく型

ほんとうに合法なのか?景品表示法とは

ショッピング枠の現金化は不当景品類及び不当表示法のもれなく型に該当し、キャッシュバックについては例外として販売金額の10%以上のキャッシュバックが認められているため合法です。

 

 

景品表示法とは

不当表示や過大な景品類の提供を厳しく規制し,公正な競争を確保することにより,消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守るため独占禁止法の特例法として昭和37年に制定された法律です。商品を購入してもらうために、購入者に対して何らかの特典を与えて誘引することは、不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)で規制されています。

 

もれなく型

商品の購入者や入会者全員に景品を渡す。
景品の最高額が取引額の10%以下、取引額が1000円以下の場合は、最高額100円の景品までつけられる。

もれなく型では以下のものは例外として10%以上のものを付けることができます。

  • 商品の販売や使用上必要なもの
  • 見本など、宣伝用の物品やサービス
  • 割引券・ポイントバック・キャッシュバック←ショッピング枠の現金化はコレ
  • 開店披露、創業記念など

 

クローズド懸賞型

入会した人の中から抽選などで何人かに景品を渡す場合。
また特定の商品を購入したり、サイトへの訪問を義務付けたりする場合もこれに含まれる。
景品の最高額は取引額の20倍以下かつ10万円以下。
総額は売上予定総額の2%以下。

 

オープン懸賞型

購入や入会を義務付けず、誰でも応募できる。
景品の最高額は1000万円。総額の制限はない。

 

共同懸賞

景品の最高額は30万円。総額は売上予定総額の3%以下。